安城市で人気急上昇中の安城ほほえみ鍼灸接骨院 | 姿勢矯正・鍼治療・交通事故治療もご相談ください

受付時間

シンスプリント

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 脛の痛みでランニングができない
  • 脛の内側を押すと痛い
  • 痛みでスポーツが出来ない
  • 階段やジャンプなどをすると脛の痛みでできない

安城ほほえみ鍼灸接骨院が考えるシンスプリントの原因|安城ほほえみ鍼灸接骨院

シンスプリントとは日本語で脛骨過労性骨膜炎といいスポーツをしている人に多く見られます。

症状としては足の脛の内側の下1/3に痛みが出てきます。

ズキズキとした炎症を伴った痛みが特徴的で、最初はアイシングや安静で痛みが治まりますが動き出すとすぐに痛みが再発していきます。

この繰り返しで少しずつ痛みが増し疲労骨折に繋がる場合もありますので早期にしっかりとした施術を行うことが必要とされています。

シンスプリントの原因として脛の周りのヒラメ筋や後脛骨筋の固さにあるといわれています。

またこの筋肉が固くなる要因として偏平足や膝関節、骨盤周りのバランスの悪さなど姿勢全体の歪みからきていることが考えられます。

姿勢の歪みを整えヒラメ筋や後脛骨筋の負担を取り除くことでシンスプリントの根本改善が出来ます。

安城ほほえみ鍼灸接骨院が考えるシンスプリントの施術|安城ほほえみ鍼灸接骨院

安城ほほえみ鍼灸接骨院では最初にしっかりとヒアリングを行い、過去のケガでの足の具合や、疾患などを聞いていきます。

初期の痛みの強い急性期にはハイボルトという特殊な機械によって痛みを抑えて、アイシングや安静といった処置を行うことで炎症反応を抑えていきます。

その後、姿勢の写真から足部に負担のかかっている原因を分析していきます。

姿勢の分析から骨盤矯正や猫背矯正などを行い根本の原因を取り除いていきます。

骨盤が原因で足部の負担によりシンスプリントになっている場合には骨盤矯正専用のベッドを使い骨盤の矯正をしていきます。

トムソンベッドは通常のベッドと異なり、頭部、胸部、腰部の部分が上下振動することで正確にかつ安全で立体的に矯正できる機械です。

このベッドを使い、左右の足の長さや、足の力の入り具合や姿勢写真ではわかりにくい細かい部分の分析を行っていきます。

その後矯正を行い骨盤の歪みを整え、重心のバランスや膝関節、股関節を調節していきシンスプリントの原因である筋肉に負担が掛からない状態にしていきます。

猫背が原因で背骨の負担が出ている場合には猫背矯正を行っていきます。

安城ほほえみ鍼灸接骨院の猫背矯正はストレッチポールを使い背筋を伸ばした状態で首、肩、胸の関節を痛みなく矯正していきます。

猫背矯正を行うことで背骨のバランスを整え背骨の負担を軽減し、姿勢からくるの根本原因を改善していきます。

深部の筋緊張や血流の悪さがある場合にははり灸を使って身体の深部に直接刺激を入れて深部の筋肉を緩め血流の改善を行っていきます。

シンスプリントはストレッチや筋力強化、身体の使い方などの施術以外で大切な部分も多い病気ですので安城ほほえみ鍼灸接骨院では自宅での生活指導も行っております。

シンスプリントはそのままにしておくと疲労骨折になってしまう事があるケガですので痛みが出る場合やなかなか治らない場合には早急に施術を受けることをお勧めします。

安城市で接骨院をお探しの方や、シンスプリントの痛みを改善したい根本原因を知って痛みをなくしたい方は安城市の安城ほほえみ鍼灸接骨院までご相談ください。

予約は下記のラインもしくはお電話にて承ります。

TEL:0566-45-6003

ホームページ:https://anjo-hohoemi.com/
エキテン:https://www.ekiten.jp/shop_92286042/
接骨ネット:https://www.judo-ch.jp/sekkotsuinsrch/23/23212/031024/
LINEアカウント:@992fjrrf
インスタグラム:https://www.instagram.com/anjohohoemi/?hl=ja

執筆者:柔道整復師
安城ほほえみ鍼灸接骨院 院長 伊東源太

資格取得後、様々な整骨院での勤務経験をへて、安城ほほえみ鍼灸接骨院を開業。
勤務時代から様々なセミナーや勉強会に参加して得た技術や知識を元に、ケガや痛みに対して適切な施術を行っています。

  • instagramはこちら
  • LINE予約

お問い合わせ

安城ほほえみ鍼灸接骨院 0566-45-6003

住所
〒446-0042
愛知県安城市大山町1-4-4
アクセス
駐車場完備

受付時間