安城市で人気急上昇中の安城ほほえみ鍼灸接骨院 | 姿勢矯正・鍼治療・交通事故治療もご相談ください

受付時間

接骨院と医療機関との上手な通い方

こんな症状でお悩みではありませんか

もしも交通事故を起こしたり、巻き込まれたことが原因で、手術が必要になるほど大きな怪我をした場合には、レントゲンやMRI・CTといった精密な検査を行うために、一般的には整形外科や病院などの医療機関に通院します。

整形外科や病院などの医療機関では、レントゲンやMRI・CTなど、精密機器による検査を受けることができ、交通事故に組織や骨の損傷具合を正確に診断することができます。

その他にも、処置の後に残っている痛みには、湿布や痛み止めなどの薬を処方してもらえます。

医療機関では、交通事故による負傷の正式な診断書を作成してもらえるため、交通事故に遭ってしまった場合には必ず医療機関での診断を受けてください。

接骨院が交通事故施術を得意とする理由|安城ほほえみ鍼灸接骨院

むち打ち(頸部捻挫)・腰痛(腰部捻挫)・打撲・捻挫・肉離れなどは、レントゲンやMRI、CTなどの精密検査では異常が見つかりにくい症状です。

接骨院では、検査で写らないような症状を診断することができます。

また、安城ほほえみ鍼灸接骨院のスタッフは国家資格(柔道整復師)を持っており、身体の仕組みを専門的に勉強しておりますので、むち打ちや腰痛などの交通事故による怪我に対して、幅広い施術を行うことができます。

接骨院では、主に手技や鍼灸に夜施術が多く、個別に身体のケアができます。

また、平日のお仕事や学校などで、整形外科や病院などの医療機関に、時間が取れない方や、なかなか通えない方のために、安城ほほえみ鍼灸接骨院では予約システムを取り入れております。

ご予約いただけますと待ち時間も少なくなり、平日では20時まで、土曜日も18時まで受付を行っております。

患者様にしっかり向き合うことができ、患者様のから他のお悩みやご不安、社会的苦痛にも幅広く対応できることも、接骨院で交通事故施術を受けるメリットとして挙げられます。

接骨院と医療機関との上手な通い方|安城ほほえみ鍼灸接骨院

整形外科や病院などの医療機関では、機械による精密検査ができるので、身体の状態を把握することについて非常に有効です。また、湿布や痛み止めなどの薬が処方されるので、強い痛みをしのぐことができます。

一方で、接骨院では痛みそのものを除く事で、後遺症を残さないような根本治療を行う事が可能です。

人間の自然治癒力は非常に強力ですが、一方で元の身体に戻るとは明言できないという事もあります。

自然回復を待っている間に筋肉委縮が起こったり、痛みを薬で抑えているうちに後遺症に繋がる症状を見逃してしまうという恐れもあります。

交通事故の痛みやしびれは、症状が出ている場所が原因になっているとは限らないので、どこに問題があるのかを探り出すには、接骨院での治療がおすすめです。医療機関(整形外科や病院)では、主に症状の診断や、痛みを和らげるための薬の処方が施術内容の中心となっております。

定期的に医療機関でレントゲンやMRIなどの精密機械で検査を受けることで身体の状態を把握し、一方で接骨院で根本治療を受信していただくという形だと、交通事故傷害からの早期回復に繋がることが多いようです。

以下に交通事故に遭った後、症状ごとの通院方法についてご紹介いたします。

交通事故に遭ったら・・・|安城ほほえみ鍼灸接骨院

交通事故に遭った際に痛みがある場合には、一番最初に整形外科や病院などの医療機関に行き、診断書をいただいてください。痛みが弱くても、違和感や痛みが少しでもある場所は、事故に遭ってからの自分の身体の変化を確認するためにも、レントゲンなどの精密検査が必要です。

後遺症など、万が一のことを考えて医師にすべて相談してください。

ご自身に痛みや違和感がある場所は、患者様からしっかり医師の方にお伝えいただかないと、診断を受けることができなくなってしまう可能性があります。

交通事故の後に、少し時間が経過してからも痛みや違和感などが出てきた場所についても、必ず整形外科や病院などの医療機関で診断を受けていただければと思います。

症状別の通院方法|安城ほほえみ鍼灸接骨院

骨折や骨折後のリハビリ

医療機関などで骨折と診断された際には、整形外科などの医療機関でご自身のお身体の状態を把握するために通院することが必要です。医療機関で処置を行い、ギブスを外した後にはリハビリ期間が必要です。

接骨院では、骨折後のリハビリ方法として、手技で施術を行ったり、筋力を基に戻すトレーニングなどがあります。患者様の状態によっては、ストレッチを行う事もあります。

医療機関への通院も症状の経過を確認するために必要です。なので接骨院でリハビリを行いながら、同時に医療機関にも通院していただく事をおすすめします。

むち打ち症・腰痛(腰部捻挫)

交通事故の際にむち打ち症や腰痛(腰部捻挫)は極めて多い症状の1つです。これらはしっかり完治させないと後遺症になる可能性があります。

「病院では心配する必要はない」と途中で通院をやめてしまうと、後遺症が残り違和感の取れない身体になる場合もあります。

接骨院ではレントゲンやMRI、CTなどの検査ではなかなか明確になりづらい筋肉の異常や関節の炎症を改善し、後遺症が残らないよう施術を致します。

病院・整形外科などの医療機関からの転院方法

交通事故による怪我や痛みなどの症状は、一般的に整形外科などの医療機関、もしくは接骨院や整骨院などのどちらかで完治させます。

しかし、患者様の中には飲み薬や湿布、電気を当てるだけという施術方法が合わないという事がよくあります。

このような場合、患者様はご自身で医療機関を自由に選ぶことができます。なので今の施術が自分には合わないと感じた際には、安城ほほえみ鍼灸接骨院にご相談ください。

交通事故で通院する必要がある場合、患者様が医療機関を選べることはございませんでしょうか?
接骨院に転院や兵員がしたいと思ってもいしや保険会社の許可がいると思っている方はいらっしゃいませんか?

このように考えている方が非常に多いのですが、そのようなことは決してありません。最初に通院する医療機関や、転院先の医療機関のどちらについても、患者様が通いたい場所を選ぶことができる自由があります。

転院の方法について

接骨院に転院される際、病院や整形外科などで書類の手続きが必要になり、面倒くさいというイメージを持たれていると思います。
ですが、転院手続きは、基本的に保険担当者に転院する医療機関の情報を伝達するだけなので、最適な施術が受けられる環境をご自身の意思でお選びください。

どこに通院するかは患者様ご自身の意思にお任せ致します!

整形外科や病院などの医療機関で行っていただく施術が合わないという事もございますので、安城ほほえみ鍼灸接骨院との併院や医療機関から転院いただくことも可能です。「保険会社や医療機関で、転院や併院を行い接骨院に行くことが認められなかった」という患者様もいらっしゃいますが、どこに通院するのかという決定権は患者様本人にございます。

保険会社や整形外科、病院は気にしなくてもよいです。

しかし、手続きの面倒くささや、保険会社との関係を気にしていらっしゃる方が多く、ご自身の身体を治すという一番重要な目的を持って、最適な施術方法を選ぶことができていない方がたくさんいらっしゃいます。

安城ほほえみ鍼灸接骨院としても、過去の経験から「身体をもっと改善できる」「患者様のためにとはなんだろう」という想いをしてきました。だからこそ、適切な時期に最適な施術を受けれられるように、安城ほほえみ鍼灸接骨院では診療体制を整えております。

1人でも多くの患者様を救いたいという想いで、保険会社とのやり取りや、身体についてのお悩み、ご不安、施術期間などについてもアドバイスさせていただきます。

交通事故による怪我を、最も適した施術でしっかり完治したいという方は、安城市の安城ほほえみ鍼灸接骨院にお気軽にご相談ください。

執筆者:柔道整復師
安城ほほえみ鍼灸接骨院 院長 伊東源太

資格取得後、様々な整骨院での勤務経験をへて、安城ほほえみ鍼灸接骨院を開業。
勤務時代から様々なセミナーや勉強会に参加して得た技術や知識を元に、ケガや痛みに対して適切な施術を行っています。

  • instagramはこちら
  • LINE予約

お問い合わせ

安城ほほえみ鍼灸接骨院 0566-45-6003

住所
〒446-0042
愛知県安城市大山町1-4-4
アクセス
駐車場完備

受付時間