安城市で人気急上昇中の安城ほほえみ鍼灸接骨院 | 姿勢矯正・鍼治療・交通事故治療もご相談ください

受付時間

椎間板ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • おしりや足に痛みやしびれがある
  • 病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断された
  • 手術が必要と言われたが受けたくない
  • 整形外科を受診したが原因が不明
  • 坐骨神経痛に悩まされている

安城ほほえみ鍼灸接骨院が考える椎間板ヘルニアの原因

近年、ヘルニアを患っている方が急速に増えております。病院で腰痛と診断された方の3人に1人は腰椎椎間板ヘルニアだと言われております。椎間板ヘルニアとは、背骨の骨と骨の間にある椎間板という、クッションの役割を果たしているを組織が過度な負荷によって飛び出してしまう疾患です。

椎間板ヘルニアは特に20代~40代の方々に多いです。飛び出した椎間板が他の神経を圧迫していることで、足や腰、お尻の部分などに痛みやしびれを引き起こします。

前かがみで座っていたり立っていることが多い方や、重い荷物を持つことが多い方、デスクワークが多い方、スポーツをする際に姿勢の悪い方が椎間板ヘルニアになることが多いです。

重度の椎間板ヘルニアを患ってしまうと手術が必要になる場合もありますが、多くの患者様は腰周りの筋肉と、骨格の矯正で椎間板ヘルニアによる痛みやしびれを緩和できます。なので手術が嫌で病院に行けないという方も一度ご来院いただけたらと考えております。

また、手術を受けたり、治療を行って一時的に改善したとしても、日常生活で起きる姿勢や骨格のずれを根本的に解決しないと、症状が再発する可能性もございます。
それを防ぐためにも当院での施術を受け、再発しない身体づくりを行っていただきたいと考えております。

安城ほほえみ鍼灸接骨院で行う椎間板ヘルニアの施術

椎間板ヘルニアの施術は主に4段階で行っていきます。はじめに、患者様に対して主な原因や日常生活をお聞きしたいので、詳しくヒアリングを行います。次に姿勢を客観的に把握するため、姿勢分析を行います。様々な角度から写真を撮らせていただくことで、どこが歪んでいるのか、また施術後の変化を可視化することができます。

この2つを行うことで、患者様の状態や原因をしっかり把握し、最適な治療をご提案していきます。その後、トムソンベッドを使った骨盤矯正を行います。

トムソンベッドとは、トムソンテクニックによって施術をする際に使用される専用のベッドです。通常のベッドとは異なり、頭部と胸部、腰部と骨盤部ごとに足置台が別れた状態で設置されています。

このベッドを使い、まずは検査を行います。足の長さにばらつきがないか、関節の動きはどうかというチェックを行います。その後、骨盤のバランスを整えるため、手技によって矯正していき、正しい骨格に戻していきます。当院の施術は痛みなくミリ単位で矯正できるので、子供からお年寄りまで利用できる施術です。

自分で行うと手の届かない、深い部分にアプローチすることができるので、より早い改善が可能です。また、痛みの強い方にはハイボルト治療を行います。

ハイボルト治療とは、機械を使って電気を流し、手では届かない奥の筋肉をほぐす施術です。痛みの原因となっている筋肉の炎症を抑えることもでき、動きの悪くなっている筋肉を正常に動かせるようにしていきます。

その他に安城市の安城ほほえみ接骨院では電気が苦手な方や、深部をほぐしたい方に対して鍼灸治療を提案しています。鍼灸治療とは、鍼や灸によって痛みやコリを改善する施術です。効果に時間はかかりますが、電気を使わず深部にアプローチできるので、電気が苦手な方や、鍼を打ってみたいという方にはおすすめしています。

当院で施術困難な場合には、病院への紹介も行っております。安城市の安城ほほえみ鍼灸接骨院ではこのような施術で再発防止、根本改善を行っていきます。安城市で接骨院をお探しの方や椎間板ヘルニアでお悩みの方は、安城ほほえみ鍼灸接骨院までご相談ください。

執筆者:鍼灸師
安城ほほえみ鍼灸接骨院 森下和馬

学生時代は野球をしていてその経験からスポーツの指導や、名古屋で美容鍼などの技術も得て日々鍼灸治療を追及しています。
自分自身の身体にも鍼を刺して効果を自分の身体で実感できているからこそ、患者さんにお伝えできることがあると思います。

  • instagramはこちら
  • LINE予約

お問い合わせ

安城ほほえみ鍼灸接骨院 0566-45-6003

住所
〒446-0042
愛知県安城市大山町1-4-4
アクセス
駐車場完備

受付時間