安城市で人気急上昇中の安城ほほえみ鍼灸接骨院 | 姿勢矯正・鍼治療・交通事故治療もご相談ください

受付時間

ランナー膝

こんな症状でお悩みではありませんか

  • ランニングをしていて膝が痛くなる
  • 膝の外側が痛い
  • 膝が痛くて楽しくランニングが出来ない
  • 休むと膝の痛みが治まる
  • 膝を押すと痛い

安城ほほえみ鍼灸接骨院が考えるランナー膝の原因|安城ほほえみ鍼灸接骨院

ランナー膝とはランニングやマラソンをされる方に多く発症するスポーツ障害で正式には腸脛靭帯炎(ランナー膝)といいます。ランニングをしている方に多いためランナー膝という名前がついていますが必ずしもランナーの方に起こるというものではありません。他のスポーツ、例えば野球、サッカー、バスケなど走る事が多い競技の方も発症する可能性は十分にあります。

原因としては一番多いのが走りすぎ、膝の使い過ぎです。使いすぎることで膝、特に腸脛靭帯に負荷がかかり、炎症を起こします。炎症が起こる原因は膝の曲げ伸ばしをする時に筋肉が硬いことで膝にかかる負担が大きくなることで、そうなると膝の柔軟性の低下や血流が悪くなりケガのリスクが上がります。

他にも単純に靴が合っていない、身体の使い方が悪い、О脚など様々な要因から膝にかかる負担が大きくなっていきます。安城ほほえみ鍼灸接骨院では丁寧にヒアリングをいたしますので、お気軽にご相談くださいませ。

安城ほほえみ鍼灸接骨院が考えるランナー膝の施術|安城ほほえみ鍼灸接骨院

最初にしっかりとヒアリングし膝に圧痛、動作時痛があるのか、またはその他の靭帯損傷ではないか、日常生活で何が一番困っているかを確認していきます。その後姿勢の写真を撮影し、膝の痛みの要因はどこから来ているのか、どの施術をするのが患者様にとって一番良いかを決めていきます。

基本的には患者様の状態に合わせて治療を組み立てていきます。まずは猫背の影響で膝に負担がかかっている場合は猫背矯正を行っていきます。安城ほほえみ鍼灸接骨院の猫背矯正はストレッチポールを使い背筋を伸ばした状態で首、肩、胸の関節を痛みなく矯正していくストレッチ系の矯正になります。猫背矯正を行うことで重心が前方に行くのを防ぎランナー膝の負担を減らしていきます。

一方骨盤の歪みによってランナー膝の原因となる場合はトムソンベッドという骨盤矯正専用のベッドを使い矯正していきます。トムソンベッドは通常のベッドと異なり、頭部、胸部、腰部の部分が上下振動することで正確にかつ安全で立体的に矯正できる機械です。このベッドを使い、左右の足の長さや、足の力の入り具合や姿勢写真ではわかりにくい細かい部分の分析を行っていきます。

ランナー膝の痛みがでた場合には、最初はアイシングで炎症反応を抑え、ハイボルトという特殊な機械を使用し、神経の興奮を抑え痛みの軽減を行っていきます。この機械は根本的な施術ではないですが急性期の痛みを抑えるには即効性のある施術機械になります。

また鍼灸施術によって膝の周りの奥の方の筋肉を緩めて痛みを取っていく場合もあります。

ランナー膝の痛みは放っておくと痛みが引かないだけでなく、重症化すると歩くことが困難になり、趣味のスポーツやランニングが楽しくできなくなってしまいます。ほかの病気になっていたりすることもあるので膝の痛みが出てきたらすぐにご来院することをオススメしております。

安城市の安城ほほえみ鍼灸接骨院ではこのような施術で再発防止、根本改善を行っていきます。

安城市で整骨院・接骨院をお探しの方やランナー膝でお悩みの方は、安城ほほえみ鍼灸接骨院までご相談ください。

Q&A

Qテーピングをしてもらうことは可能ですか?

A可能です。症状に合わせてさせていただきます。

Q施術をするときは走る前と走る後、どちらがいいですか?

Aできれば施術前後でしてあげるのが理想です。走る前は膝のコンディションを整えてあげて、走った後は施術でケアをしてあげるのが理想的です。

  • instagramはこちら
  • LINE予約

お問い合わせ

安城ほほえみ鍼灸接骨院 0566-45-6003

住所
〒446-0042
愛知県安城市大山町1-4-4
アクセス
駐車場完備

受付時間