安城市で人気急上昇中の安城ほほえみ鍼灸接骨院 | 姿勢矯正・鍼治療・交通事故治療もご相談ください

受付時間

突き指

こんな症状でお悩みではありませんか

  • スポーツ中手をついてから指が痛く曲げれない
  • 指が腫れて曲げれない
  • ボールを持とうとすると痛みで持てない

安城ほほえみ鍼灸接骨院が考える突き指の原因・注意点|安城ほほえみ鍼灸接骨院

突き指はスポーツ、特に球技で起きやすいケガの一つです。

ボールなどに指先が衝突し関節の捻挫や打撲、重症例では脱臼や骨折なども起こる可能性のあるケガです。

バスケットやハンドボールなどのボールが指先にぶつかったときや、壁やドアに指先をぶつけた際、指がそらす方向に外力が加わることでケガが起こります。

また指が明らかに変形している場合や指を曲げれない、指がパンパンに張れていたりする場合には骨折や脱臼などの重症化しているケースもありますので、その場合にはすぐに医療機関に受診する必要があります。

安城ほほえみ鍼灸接骨院が考える突き指の施術|安城ほほえみ鍼灸接骨院

当院では最初にケガをした原因など細かくヒアリングしていきます。

ここで骨折や脱臼などの重症症状かを判断してきます。

その後、ケガの部位の圧痛、腫れなどを確認した後はRICE処置を行っていきます。

RICE処置とはR(安静)I(冷却する)C(圧迫)E(挙上)の4つを行っていきます

R(安静)

・無理に動かしたりすると内出血や腫れがひどくなり症状の悪化が考えられますので安静にしておく必要があります

I(冷却)

氷で冷やすことで、患部の内出血や腫れ、炎症を最小限に冷やし、痛みの軽減をさせることが出来る。

注意点として直接氷や保冷剤などを当てると凍傷になってしまう恐れがありますので、氷を水とともにビニール袋に入れて患部に当てることで凍傷を防ぐことが出来ます。

それでも凍傷を起こす可能性はありますのである程度行ったら休憩をはさむことをお勧めします。

C(圧迫)

突き指の場合はテーピングなどで固定することで圧迫することが出来ます。

内出血や腫れを最小限に抑えるだけでなく患部を安静にし靭帯の修復を早めることが出来ます。

E(挙上)

患部を心臓より高い位置に持っていくことで指先にたまった血液が心臓の方に流れて腫れや内出血を抑えることが出来ます

この処置の後痛みを抑えるためにハイボルトという特殊な機械を使い痛みを抑えて靭帯の損傷の回復を待ちます。

その後硬くなった靭帯や関節を動かし日常生活やスポーツなど問題なく使えるようにしていきます。

突き指は受傷後そのままにしておくと指が伸びなくまったりしてしまうこともあるので早めの施術をオススメします。

安城市で接骨院をお探しの方や、突き指の痛みを改善したい根本原因を知って痛みをなくしたい方は安城市の安城ほほえみ鍼灸接骨院までご相談ください

予約は下記のラインもしくはお電話にて承ります。

TEL:0566-45-6003

ホームページ:https://anjo-hohoemi.com/
エキテン:https://www.ekiten.jp/shop_92286042/
接骨ネット:https://www.judo-ch.jp/sekkotsuinsrch/23/23212/031024/
LINEアカウント:@992fjrrf
インスタグラム:https://www.instagram.com/anjohohoemi/?hl=ja

執筆者:柔道整復師
安城ほほえみ鍼灸接骨院 院長 伊東源太

資格取得後、様々な整骨院での勤務経験をへて、安城ほほえみ鍼灸接骨院を開業。
勤務時代から様々なセミナーや勉強会に参加して得た技術や知識を元に、ケガや痛みに対して適切な施術を行っています。

  • instagramはこちら
  • LINE予約

お問い合わせ

安城ほほえみ鍼灸接骨院 0566-45-6003

住所
〒446-0042
愛知県安城市大山町1-4-4
アクセス
駐車場完備

受付時間