安城市で人気急上昇中の安城ほほえみ鍼灸接骨院 | 姿勢矯正・鍼治療・交通事故治療もご相談ください

受付時間

テニス肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 手首を上に捻ると肘に痛みが出る。
  • 物を持ち上げる際に痛みが出る。
  • ラケットを振ると痛い
  • 肘の外側、内側に痛みがよく出る
  • 痛みで趣味が続けられない

テニス肘とは?|安城ほほえみ鍼灸接骨院

上腕骨外側上顆炎の一般的な呼び方をテニス肘といいます。

上腕骨外側上顆炎とは、テニスやバドミントンなどラケットを使うスポーツをしている方に起こりやすい肘のスポーツ障害の総称です。主に肘の外側に痛みや鈍痛が起こります。逆に肘の内側に痛みのある、上腕骨の内側が炎症を起こす上腕骨内側上顆炎というテニス肘もあります。基本的に外側はバックハンドの反復により起こりやすく、内側はテニスのフォアハンド、ゴルフのスイングなどで痛められる方が多いです。

テニス肘の症状と原因|安城ほほえみ鍼灸接骨院

最初の症状としては、スポーツをしている時に肘の痛みが起きやすいです。逆に安静にしている時ではほとんど痛みは起こりません。日常生活の中では、物をつかんで持ち上げる動作やタオルを絞る動きなど、腕を捻る動きを加えた際に肘の外側、内側から前腕にかけて痛みが生じます。

テニス肘の原因の一つに使い過ぎ(オーバーユース)があります。この時、肘の筋肉(短橈側手根伸筋、長橈側手根伸筋、総指伸筋など)をテニスやバトミントンなどラケットを使うスポーツでは反復動作で酷使する場合があり、その反復動作で肘周りの筋肉に疲労が蓄積され炎症が起こり痛みとなります。

たとえ一時的に痛みが引いたとしても筋肉の柔軟性が低下した状態で、スポーツや反復動作を繰り返し行っていると、またすぐ痛みがぶり返してきて肘に痛みがある状態がクセになりやすくなります。

そうなる前にしっかりと施術をして、テニス肘になりにくい身体にケアをしていきましょう。

安城ほほえみ鍼灸接骨院で行うテニス肘に対しての施術|安城ほほえみ鍼灸接骨院

安城市の安城ほほえみ鍼灸接骨院で行うテニス肘に対しての施術は、はじめに、患者様に対して主な原因や日常生活、普段の姿勢などをお聞きしたいので、詳しくヒアリングを行います。次に姿勢を客観的に把握するため、姿勢分析を行います。様々な角度から写真を撮らせていただくことで、どこが歪んでいるのか、また施術後の変化を可視化することができます。

この2つを行うことで、患者様の状態や原因をしっかり把握し、最適な施術をご提案していきます。

そして現在の状態をしっかりと分析したうえで、手技と組み合わせてハイボルト施術や鍼施術を行っていきます。

ハイボルト治療とは、機械を使って電気を流し、手では届かない奥の筋肉をほぐす施術です。痛みの原因となっている筋肉の炎症を抑えることもでき、動きの悪くなっている筋肉を正常に動かせるようにしていきます。

電気が苦手な方や、深部をほぐしたい方に対して鍼灸施術を提案しています。鍼灸治療とは、鍼や灸によって痛みやコリを改善する施術です。効果が出るまでに個人差があり、打ち終わった直後から良くなる方もいますが、2~3日後に効果を実感される方もみえます。電気を使わず深部にアプローチできるので、鍼を打ってみたいという方にはおすすめしています。

安城市の安城ほほえみ鍼灸接骨院ではこのような施術で再発防止、根本改善を行っていきます。安城市で整骨院・接骨院をお探しの方やテニス肘でお悩みの方は、安城ほほえみ鍼灸接骨院までご相談ください。

予約は下記のラインもしくはお電話にて承ります!

TEL:0566-45-6003

ホームページ:https://anjo-hohoemi.com/

エキテン:https://www.ekiten.jp/shop_92286042/

接骨ネット:https://www.judo-ch.jp/sekkotsuinsrch/23/23212/031024/

LINEアカウント:@992fjrrf

インスタグラム:https://www.instagram.com/anjohohoemi/?hl=ja

執筆者:鍼灸師
安城ほほえみ鍼灸接骨院 森下和馬

学生時代は野球をしていてその経験からスポーツの指導や、名古屋で美容鍼などの技術も得て日々鍼灸治療を追及しています。
自分自身の身体にも鍼を刺して効果を自分の身体で実感できているからこそ、患者さんにお伝えできることがあると思います。

  • instagramはこちら
  • LINE予約

お問い合わせ

安城ほほえみ鍼灸接骨院 0566-45-6003

住所
〒446-0042
愛知県安城市大山町1-4-4
アクセス
駐車場完備

受付時間