受付時間

頸椎ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 首や肩が凝りやすく痛みがある
  • 頭痛がよく起こる
  • 手のシビレがある
  • 握力が低下した

安城ほほえみ鍼灸接骨院が考える頸椎ヘルニアの原因|安城ほほえみ鍼灸接骨院

そもそもヘルニアとは体内の臓器などが、本来あるべき部位から「突出、脱出した状態」のことを指します。その中でも椎間板という組織が背骨には存在し、骨と骨の間にあるクッションの役割をしてくれています。

この弾力のある椎間板があることで、頭の重さや歩いた時の地面からの衝撃をクッションのように吸収することが出来ます。しかしこのクッションは加齢変化で弾力が低下し、周囲にある筋肉や靭帯にも緩みが出てきてしまいます。その結果、椎間板が押しつぶされ飛び出してしまい、脊髄や神経根を圧迫して頸部や腰部の痛み、手足のシビレなどの症状が出てきます。

その中でも頸椎ヘルニアとは頸椎の椎間板が押しつぶされて脊髄や神経根を圧迫している状態のことを指します。これが頸椎椎間板ヘルニアです。頸椎は7つの骨で構成されており、1番上が第一頸椎、2番目が第二頸椎と連なっていきます。その中でも頸椎椎間板ヘルニアの好発部位は5番から6番の間と6番から7番の間が多いとされています。

これは頭を前と後ろに倒す動き(前、後屈動作)、横の倒す動き(側屈動作)、横を向く動き(回旋動作)を5番6番7番が主軸として担っているからこそ多いとされています。

40歳以上に発症しやすく、加齢に伴い原因がはっきりしないまま発症します。他には交通事故の後遺症でむち打ち症やスポーツ障害などをきっかけに発症することがあります。

症状としては頸部の痛みや手のシビレ、指先の細かい動きをするのが困難になってきます。

診断としては首を後ろや斜め後ろに反らせた時に腕や手に痛みやシビレが現れます。他にも先ほどお伝えした指先の細かい動きが困難になったり、握力の低下などが挙げられます。もしこのような症状が出たら一度病院のMRIで脊髄や神経根の圧迫があるかどうかの確認をしてもらい、正しく診断をしてもらった方がいいと思います。

ヘルニア自体は手術でしか完治することはありませんがヘルニアによる症状の緩和は安城ほほえみ鍼灸接骨院でも可能ですのでぜひ一度ご相談ください。

安城ほほえみ鍼灸接骨院が考える頸椎ヘルニアの施術|安城ほほえみ鍼灸接骨院

猫背矯正が効果的な場合は猫背矯正を行っていきます。

安城ほほえみ鍼灸接骨院の猫背矯正はストレッチポールを使い背筋を伸ばした状態で首、肩、胸の関節を痛みなく矯正していきます。

この猫背矯正を行うことで首、肩回りの骨格、筋肉のバランスを整え背骨の歪みを取り除き症状の緩和、頭部から頸部にかけての負担を減らしていきます。

骨盤や背骨を細かく矯正していく場合はトムソンベッドという骨盤矯正専用のベッドを使い矯正していきます。

トムソンベッドは通常のベッドと異なり、頭部、胸部、腰部の部分が上下振動することで正確にかつ安全で立体的に矯正できる機械です。なので原因となっている部分の骨の矯正をピンポイントで行うことが出来ます。

骨盤を整えることで重心の位置や反り腰などを改善されその結果、骨盤の上にある肋骨や頸椎が矯正され呼吸が深くできるようになり、その他の筋肉のバランスが改善され神経の圧迫が緩み、症状の緩和が見込める可能性があります。

また深部の深い部分に筋肉の固さが残っている場合や、神経・血管の圧迫が強い場合は鍼灸を使用し筋肉の奥深くに直接刺激を入れることでしっかりと固さを取っていきます。

ハイボルト治療とは、機械を使って電気を流し、手では届かない奥の筋肉をほぐす施術です。痛みの原因となっている筋肉の炎症を抑えることもでき、動きの悪くなっている筋肉を正常に動かせるようにしていきます。

安城市の安城ほほえみ鍼灸接骨院ではこのような施術で再発防止、根本改善を行っていきます。安城市で整骨院・接骨院をお探しの方や頸椎ヘルニアでお悩みの方は、安城ほほえみ鍼灸接骨院までご相談ください。

Q&A

Q施術頻度はどのくらいがいいですか?

A早めに症状を抑えたい場合は3日に一回くらいのペースで来ていただくのがベストです。そこから症状が緩和していけば施術の間隔をあけていきたいと思います。

Q施術をした後に湿布や薬は飲んでも大丈夫ですか?

A基本的には大丈夫です。ですが鍼や施術の効果を確認したいので2~3日はそのままの状態でお願いしたいです。あまりにも痛みが強い場合などは薬を飲んでもらっても大丈夫です。

  • instagramはこちら
  • LINE予約

お問い合わせ

安城ほほえみ鍼灸接骨院 0566-45-6003

住所
〒446-0042
愛知県安城市大山町1-4-4
アクセス
駐車場完備

受付時間